メタラーまとんがハイソにやらかすようです

東大理系修士卒JTBCエンジニアのハイソサイエティ(上流階級)な日常

【ポジ・ポジ男】自分の感情は自分で決める。他人に委ねるな。

ども!まとんです。

今日は僕を表すキーワード「ポジ・ポジ男」について語ろうと思います。

落ち込みやすい人や、情緒不安定になりがちな人に、この記事を読んでほしい。

ポジティブに生きていけ

僕は自分を「ポジ・ポジ男」だと思っています。

性がポジ、名がポジ男。根っからのポジティブ野郎です。

大抵のことでは落ち込まないですし、大体いつもポジティブです。

どうしてポジティブでいられるのか?

僕は自分のことを自分で選択しているからだと思っています。

「他人に流されない」と言い換えてもよいです。

人格主義:自分のことは自分で選択する

僕はこの本で人格主義について学びました。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

ベストセラー「7つの習慣」です。人格主義について語られています。

僕がこの本から学んだ最大のアイデアは、「人間は、自分のことは自分で選択している」ということです。

「悲しい」も自分で選択している

例えば、他者から、何かヒドいことを言われたとする。

それに対してカッとなって怒ったり、悲しんだりする。

これを、「他者のせいだ!」と考える人は多い。

だけど、冷静になって考えてみてほしい。

「怒り」も「悲しみ」も、自分で選択した結果である

頭の中では、こう考えているはずです。

  1. ヒドいことを言われた。
  2. これは怒るべきことだな。
  3. 怒った方が、相手に自分の気持ちがよく伝わるだろう。
  4. よし、怒るぞ!!

このように、自分がどう感じるのかは、自分で選択しているはずです。

2と3のプロセスを意識していない人は、まだまだ人格主義の経験が足りないと思います。

「自分のことは自分で決める」これをちゃんと理解している人のことを、僕は「人格者」だと考えています。

自分を他人に委ねるな。自分のことは自分で決める。

よく飲み会なんかで、「部下からおべっか言われてご機嫌になる上司」がいますよね。

僕はこういう上司のことを、全く信用していません。

自分の機嫌を部下に任せている。

自分の機嫌くらい、自分で決めたらどうなんだ。人に委ねるな。

自分が喜ぶために、他者を利用している。そんな人は人格者とは言えない。

僕は何を言われてもポジティブな感情を選択しています

僕は人格者を目指しています。

他者に何を言われようが、ヒドいことを言われようが、ポジティブな感情を選択しています。

客観的にヒドいことでも、それをどう感じ取るかは僕の勝手です。

「なんでそんなにポジティブでいられるんだ?」と言われるけど

ヒドいことを、「ヒドい」と判断しているのは、他人の価値観です。

ヒドいかどうかを決めるのは、僕です。

僕は身の回りの全てからポジティブな感情を選択しています。

だから僕は、ポジ・ポジ男です。

ただし、物理的な痛みはNO

人格者とは言え、どうしようもないことがある。

それは物理的な痛み。暴力です。

ハイソの最大の敵は暴力

ハイソな人は人格者なので、精神攻撃や心理攻撃には耐性があります。自分で選択できるので。

しかし、物理攻撃は無理。痛いものは痛い!!選択のしようが無いです。

普段は何を言われても温厚なのに、叩かれたときだけめっちゃ怒るヤツ

僕もそうですが、普段は温厚なんですが、叩く・蹴る・ツネるに対してはめっちゃ怒ります。

だって、人格主義ではどうしようもないから!!

 

みなさんもハイソと接するときは、物理攻撃にだけは注意してくださいね。

 

僕の別のキーワード「ダーウィン系男子」も併せてドウゾ

highso.hatenablog.com

ではでは。